脱毛サロン

エピレの全身脱毛・ワキ脱毛・VIO脱毛の総額費用と支払い方法を解説!どのプランがいい?

エピレは有名エステサロン「TBC」がプロデュースした脱毛サロンです。

TBCが持つ豊富な経験を活かしながら、TBCよりも料金を抑え、多くの人が通いやすくなっているのが特徴です。

安心感の高さ、技術力の高さが評価されているサロンで、脱毛サロン初心者にオススメなサロンの一つです。

気になるエピレの料金について見ていきましょう。

脱毛なら脱毛サロンのエピレ|epiler【TBCグループ】
https://www.epiler.jp/

エピレの脱毛料金一覧

エピレは全身脱毛と部分脱毛両方に対応していて、豊富な料金プランがあります。

①チョイスプラン

脱毛部位を自由に選べるプラン。
広い部位はLパーツ、狭い部分はSパーツに分類され、それぞれ回数を決めて脱毛ができます。
1回からでも契約できますが、まとめ買いをした方が安く脱毛ができます。
Lパーツ1回…6,000円
Lパーツ12回…49,800円(単価4,150円)
Lパーツ18回…73,800円(単価4,100円)

Sパーツ2回…6,000円
Sパーツ12回…26,400円(単価2,200円)
Sパーツ18回…37,350円(単価2,075円)

Sパーツ2回はLパーツ1回に、Lパーツ1回はSパーツ2回に交換可能で、自由度が高いプランです。

②全身トータルプラン

全身脱毛用のプランで、全身30部位の中から最大Lパーツ12部位、Sパーツ12部位の合計24部位を選んで施術します。
チョイスプランと同様に、Sパーツ2回はLパーツ1回に、Lパーツ1回はSパーツ2回に交換が可能です。
1回…70,000円
6回…176,100円(単価29,350円)
12回…344,700円(単価28,725円)

③セレクト10プラン

Lパーツ4部位、Sパーツ6部位の合計10部位を選ぶプラン。
1回…30,000円
6回…140,100円(単価23,350円)
12回…276,000円(単価23,000円)

④VIO・5プラン

ビキニライン(上)、ビキニラインS(両サイド)、トライアングル、Iライン、Oラインがセットになったプラン。
1回…14,350円
6回…56,100円(単価9,350円)
12回…104,400円(単価8,700円)

⑤フェイス・5プラン

鼻下、アゴ、ひたい、ほほ、フェイスラインがセットになったプラン。
1回…14,350円
6回…56,100円(単価9,350円)
8回…69,600円(単価8,700円)

・ファーストプラン

初めてエピレを利用する人を対象にしたお得な料金プランもあります。
19部位から2か所選べるプラン…980円
VIO・5プラン2回…6,000円
フェイス・5プラン2回…6,000円
両ワキ+Vライン6回…700円
両ワキ6回…500円

料金的にはお得ですが、回数が少ないので、「お試し」脱毛でしかありません。
脱毛効果を実感するのは難しいですが、脱毛がどんなものなのかを確認してみたい、という人におススメです。

ズバリ!エピレではどのプランが一番いいの?

全身脱毛用の「全身トータルプラン」は、ハッキリ言ってオススメできません。
前身トータルと言いながら脱毛部位が少なく、料金も割高です。
顔とVIOを含んだ文字通り全身を30万円以下で脱毛できるサロンは多くあります。
料金面を重視する人には、メリットが少ないプランです。

オススメなのが、部分脱毛プラン。
自分が脱毛したい部位を1部位から、回数も自由に設定できます。
お得な「ファーストプラン」を選択し、その後部分脱毛のプランを選ぶのが上手な利用方法です。
「19部位から2か所選べるプラン」の後、「セレクト10プラン」を選択すると、安く気になる部分を脱効率よく毛ができます。
足りない部分は「チョイスプラン」で補えば完璧。
追加で少ない回数を契約すると割高になってしまうので、多めの回数で契約するのがオススメです。
回数が余った場合は他の部位の脱毛にあてることができるので、無駄にはなりません。

最近は全身脱毛がメインのサロンが多くなっている中、部分脱毛ができるサロンは少なくなってきています。
脱毛したい部分が少ない人、他に脱毛サロンに通っていたけど完了まで至らなかった人にオススメなサロンです。

脱毛サロン コスパ順にランキング

エピレの支払い方法はどんな方法がある?

最近は、月々低料金で脱毛ができる「月額制」プランが人気となっていますが、エピレには月額制は用意されていません。
支払いは現金一括払い、クレジットカード(1活払い、2回払い、ボーナス払い)、デビットカードでの支払いになります。
クレジットカード会社に手続きをすれば、月々の支払金額を抑えるリボ払いにすることもできます。
リボ払いは金利が高いから利用したくない、という人にオススメなのが、「エピレクレジット」という支払方法です。
3万円以上の契約を行うと利用できる支払方法で、36回までの分割払いをすることができます。
手数料は月々1%。
1年でトータル12%の手数料が必要となりますが、1年未満で支払いが終わる場合は金利は不要。
リボ払いよりも良心的に利用できますね。
月々の支払金額を抑えることができるので、メリットが大きい支払い方法です。

エピレと他のサロンと比べてどう?

部分脱毛を行っている「ミュゼ」と比較してみましょう。
ミュゼの部分脱毛「フリーセレクト美容脱毛コース」は、平日の12時から18時の時間限定で利用できる「デイプラン」と、営業時間内ならいつでも利用できる「レギュラープラン」で料金が変わります。
また、ミュゼのアプリをダウンロードすると、4回以上のコースが半額になります。

Lパーツ1回(Sパーツ2回)…デイプラン7,500円 レギュラープラン9,000円
Lパーツ6回(Sパーツ12回)…デイプラン45,000円(アプリダウンロード22,500円) レギュラープラン54,000円(アプリダウンロード27,000円)
※Lパーツ1回分はSパーツ2回分。

デイプランを選択してアプリをダウンロードし、4回以上の契約をした場合はミュゼの方が安くなります。
でも、利用できる日時が限定されているのは、使い勝手が良いとは言えませんね。
学生さんなど、時間の都合がつけやすい人以外は利用しにくいプランです。
また、4回未満の契約の場合は半額にならず割高です。
自分好みの脱毛をしたい人は自由度が高いのはエピレの方がおススメです。

エピレは契約料金以外に必要な料金はある?

脱毛サロンによっては契約料金以外に、シェービング代やキャンセル料など、プラン以外の料金が必要になることがあります。
エピレは追加料金が必要になるか、確認しましょう。

遅刻やキャンセルしたらどうなる?

遅刻や直前キャンセルに厳しいサロンが多い中、エピレは融通が利きやすくなっています。
予約日当日にキャンセルしても、キャンセル料も不要で、1回分消化されるといったペナルティもありません。
これなら急に生理になってしまった時でも安心できますね。
キャンセルする場合は、電話の他に、会員サイトから手続きを行うことができます。
電話対応のみ、というサロンもありますが、エピレはいつでも予約変更がきるので便利ですね。

当日に遅刻した場合は、遅刻した分、時間を短縮しての施術になります。
ただ、大幅な遅刻は施術ができないので断られる確率が高くなります。
遅刻すると分かったら、早めに店舗に電話をしましょう。
当日の状況が許せば、施術時間をずらしてもらえることがあります。

シェービング代はかかる?

基本的に自分でシェービングしてからサロンを訪れますが、剃り残しがあった場合の対応はサロンによって異なります。

シェービング代を追加料金で支払って施術してもらうサロン、剃り残し部分は施術を行わないサロン、シェービングを無料で行ってくれるサロンなどがあります。

シェービング代がかかってしまうサロンは、剃り残しがあればその都度必要になるので、毎回支払っていたら金額が増えてしまいます。
契約料金が安くても、シェービング代が高く設定されているサロンがあるので、契約前にはチェックしておきましょう。

エピレの場合は、シェービング代はかかりません。
というのも、エピレでは基本的にシェービングサービスを行っていないんです。
剃り残しが合った場合は、その部分には施術をしてもらえません。
ただし、自分で電気シェーバーを持参した場合は、無料でシェービングの手伝いを行ってもらえます。
と言っても、自分でシェービングをしてから行く決まりになっているので、広範囲の剃り残しはNGですよ。
剃り残しが多い場合は施術自体が断られることがあるので、注意をしましょう。

エピレは料金とサービスのバランスが良いサロン

エピレがどんなサロンかご説明してきました。全身脱毛で利用するには料金が高いのであまりオススメしませんが、部分脱毛は自由度が高く、自分の思い通りの脱毛が可能です。

契約料金も明確で、支払いの計画が立てやすいところも安心できます。

エピレは料金が安いですが、その技術力はTBCプロデュースだけあって、高い評価を受けています。料金だけでなく、サービスの質にもこだわりたい人にオススメです。

脱毛サロンには安心感も必要、と考えている人は、まずはファーストプランを利用してみて検討してくださいね。